Blog

横田基地日米友好祭/Event at Yokota US Air Base

9月16,17日と予定していたイベントでしたが、
台風の影響で17日は中止、16日のフライトも断念することになってしまいましたが
想像を大きく上回る方々にふれあいを体験していただきました。
the 16th and 17th were our events at US Air Base but those days were affected by a typhoon, we had to give up to fly Lal on the first day and cancel to do the event on the second day unfortunately but so many people visited to our booth.
IMG_3032
IMG_3022
IMG_2989
IMG_2973
IMG_2894
IMG_2873
IMG_2795
IMG_2709
IMG_2685
IMG_2673
IMG_2494
IMG_2469
IMG_3206
IMG_3099
予定していた戦闘機展示が一機もいない状態でしたが、軍用機によるショーもありました。
I was quite surprised there was no fighter plane maybe because of North Korea, well we guess. that was a very shame but US and Japan military jets did some air shows.
IMG_3226
雨の為アンケートが実施できませんでしたが、たくさんの方々がラルとのふれあいを楽しんでいただきました。
It was a shower, we did not think so many people came to hold Lal. we were really glad to see their happy smiles.
IMG_3250
希望者多数につき、全ての希望者の方々のお応えできず申し訳ございませんでした。
また天候が不安定な中イヌワシの魅力を感じていただき、嬉しく思っております。
ご寄付下さった方々へも感謝申し上げます。
寒さが近づいてくるこの頃、保護動物たちの保温器具や新しい仲間の飼育設備へ充てさせていただきます。
thank you for visiting and donating us!
IMG_2460
FullSizeRender


4周年及びプライベートフライト/our 4th anniversary and private experience

6月25日、NPO法人レスピェグルは4周年を迎えることが出来ました。
恒例行事、鷲神社へ神恩感謝の旨ご祈祷へ。
初めて伺った足立区の鷲神社。
ここぞ酉の市発祥の由緒正しき鷲神社であります。
初めてでしたがラルも一緒のご祈祷、快諾いただきました。
the 25th of May was our 4th anniversary. we went to Eagle shrine to say thank you God with Lal.
IMG_1937
IMG_1942
ラルの裏手にあるのは遥か昔に作られたイヌワシの石像(嘴が無くなってしまっていますが)とイヌワシの卵。
外にあったのを拝殿にお祀りしたとのこと。
イヌワシは子を大切にする、子宝に恵まれるという言い伝えがあり、
子を授かりたい方々に卵をお貸ししてるそうです。
二ホンイヌワシの現状を、石像を作った当時の方々は考えも出来なかったでしょうね…
behind of Lal was a stone Japanese golden eagle and her egg made them a long time ago.
unfortunately her beaks has broken but pretty lovely photo, isn’t it?
IMG_1982
とても立派な神社で、宮司さんも神社を愛されているのがひしひしと伝わり
神様もお喜びになっておられる、そんな雰囲気がする大変凛とした良い空気が流れておりました。
it was the first visit to Adachiku eagle shrine, very beautiful traditional one there are not so many something like that in Tokyo. we really like the place.

after that we met one of our members who wants to do private experience.
その後、正会員様とお会いし、プライベートフライト。
IMG_2012
IMG_2013
IMG_2014
IMG_1984
IMG_1986
IMG_1985
IMG_1987
IMG_1990
IMG_1999
安全面からロープ付きですが、かなり長距離からでも会員様の腕めがけて
難なく飛んでくるラル。
これが出来るのは日本でラルだけ、世界でもイヌワシでは他に数羽現時点でいるか不明なほど
貴重な体験です。
自分の手元に飛んでくるイヌワシの迫力と、
意外と優しく止まってくれるそのギャップを楽しんでいただけたようです。
I always put Lal a line on when do the experience to ensure member’s safety but you know he is a super gentle eagle has never grabbed, flies to his fist perfectly from even pretty far and the member enjoyed it!
IMGP4057
IMGP4069
IMGP4077
ラルも長時間遊んで頂きご満悦。
そして脇の下を撫でられるのが好きなので、会員様に撫でられ
だんだんラルの目が半分になってきていました(笑)
Lal also had a good time and he actually loves to be stroked his armpits so was getting sleepy and the eyes were nearly closed.
会員様が先日アメリカに行かれたそうで、そのお土産にといただきました。
he went to the USA then bought it for us!
IMG_2052
wow!! thank you very much!! I actually have collected eagles stuff!! I like it!!
実は鷲グッズを密かに探し回っている私。大変精巧に作れられている上に持って帰って来られるの
大変だっただろう大きさ。本当にうれしい限りです。ありがとうございます!
IMGP4086
ラルは優しくして下さった方をとてもよく覚えています。
またお会いできる日を楽しみにしてるでしょう。
Lal is saying `thank you! see you soon!!`

この4年間、良き事、大変な事、様々なことがありましたが
こうして無事5期目に「突入」出来たのも皆様のご支援があってこそです。
IMG_2046
苦難に陥り夢を途中放棄する人々。
失くし物を諦める人々。
自分の苦境に嘆き悲しむ人々。

でも私は思うんです、
自分の夢に向かっている途中で壁にぶち当たったのは前進している証拠。
失くした「物」には足はない。
苦境は自分へ課せられた大きな扉を開ける力を身に付ける為。

私も実際、この身体にちょうど1年ほど前から爆弾を抱えています、
怖いですね。
でもそれが発見されてから、それまで当たり前だった事、
例えばこうやって「生きている」実感、
「人々から受ける温かみ」を感じ、それに対し「助け合う精神」。
「今やらねばならぬ事の順序」が以前にも増して
明確に的確に素早く処理できるようになりました。
ダラダラと生きていくのって簡単ですし、
自分自身を殺して生きていくのも簡単です。
夢を諦めず、自分を見失わず生きていくのが一番大変なんです。
でも人生一度きり。
後悔しても、どうあがいても時間は戻ってくれません。
そういう人々を見ると「もったいないな」と思ってしまいます。
そう考えるとある意味、この身体になった事に感謝しています。
写真は、ずっと探してた大切な「失くしたと思っていた」メガネです。
灯台下暗し。
3周年記念日から気合を入れて探したら、なんて事はない、
いつもある場所に隠れるように落ちてました。
メガネに足は生えませんからね。

今後も、二ホンイヌワシの啓発活動と捨てペットの救済に力を注ぎ、
いずれ国が動き出した時に二ホンイヌワシのリリースに携われるよう、
これからも様々な場へ研修へ行き、吸収、応用できるよう努めてまいります。


Les Aigles Du Leman レ エィグルズ ドゥ レモン

日本語タイトルがだいぶおかしいですが、
フランス語は日本語に変換するんが難しいので。
I flew to France to meet Olivier the famous birds of prey trainer.
先ずは彼の紹介。きっと観たことがあるでしょう。
一つ目の動画で彼はとても有名な方となりました。
first I post two videos, the first one made him very famous in the world. I think you’ve watched it yet.

and second. 二つ目。

ドバイです。私も上ったタワー。
実はこの子が飛んだ景色が見たかったという事もあり現地に行きました。
it’s in Dubai yes I went to up to the top of the tower because wanted to see the view he saw.
he is the `Dubai eagle` White tailed sea eagle.
彼が「ドバイのオジロ」くん。
IMG_1852
私が訪れた日はセンターはお休み。
Olivierは他の場所でイベントをやっていました。
the center was closed when I was in France but Olivier did an event in different place so went there.
IMG_1773IMG_1774IMG_1779


ショーの合間に控え場で色々と話しをお聞きすることが出来ました。
どのぐらい本番前にドバイで練習をしたか等、
かなりシークレットな話までして下さいました。
we’ve talked between shows like about Dubai flight how many time did you fly him down from there before shoot it?
IMG_1797
not a good photo but Olivier, me and white tailed who is not Dubai eagle he is only 4 years old and flying in the video is him.
あまりいい写真ではありませんが、Oliver、私、そしてオジロワシ。
ドバイオジロくんではありませんが動画で飛んでいる子です。
IMG_1863
噛むのが好きだけど、(ウミワシは何故かみんな噛みますね)いい子でした。
he likes to bite just like other sea eagles but was a lovely boy.FullSizeRender (23)
アシスタントのお姉さんもご一緒に。
with a beautiful assistant.
IMG_1889
イベントなのでよく分からないゴーストに捕まって携帯を貸せと自撮りされたり。
でも写真を見ると意外とノリノリな私ですね。
ちなみに英語は殆ど通じません。パリではないので。
then I was caught by them as it’s an event. stolen my phone and took selfie.
I was a little bit surprised but me in the photo looks like enjoy it?
IMG_1803
この辺りだけで40ペアのイヌワシが生息しているそうです。
確かに道中、上空を見上げると山の頂上で滑空している2羽の大きな鳥を幾度も見ました。
目が悪い自分にoh dearとブツブツ独り言を言っていました…
he has said there were about 40 golden eagle pairs live in near the place. actually I’ve seen some big birds sore near top of mountains sometimes but I have a bloody bad sight so could not clear to see them.. I said ` oh dear` to myself..

we went to his center. wow!! it’s pretty huge!!
その後彼のセンターへ移動。貸し切りです。広い!!!とにかく広いです!!IMG_1842
IMG_1841
IMG_1838IMG_1807
IMG_1815
IMG_1837
IMG_1844
ハゲワシの赤ちゃん。種類は言われましたがフランス語だったんで分かりません。
sweet Vulture babies sorry I don’t know what type they are as he explained in French.
IMG_1849
カンムリクマタカの赤ちゃん。赤ちゃんの時は猟奇性はさすがになくて可愛いです。
Crowned eagle baby. very adorable I can’t believe this sweety will be a super killer!!
IMG_1853
センターが閉まっているため、一人でフラフラしてるとセキュリティに捕まったり、
なかなか出来ない経験はありましたが、ショーを見たかったですね。。
でもここはもうほぼスイス。アルプス山脈がすぐそばに奇麗に見える場所。簡単にはまた行けないので残念でした。
I wanted to watch bird show but you know it was closed that was a really shame and the center is near Switzerland not easy to go there again..
でもオナガイヌワシやヒゲワシなど、珍しい鳥を見ることができ大満足でした!


International Center For Birds Of Prey -ICBP-

5/25はJemimaのセンターの50周年記念。
いっつも忙しく鳥の世話、庭木の手入れ、カフェなど
バタバタ動き回っている彼女を捕まえるのは至難の業。
出国前に鳥の相談も兼ねて連絡を入れてはいたものの、ようやく発見。
とにかくショーを見ます。
I went to ICBP on the 25th of May as it was the center’s 50th anniversary!
Jemima is always busy. caring for the birds, flying them, cutting the grasses and more!!
it’s pretty difficult to find her!
anyway I’ve watched the show.IMG_1749IMG_1751


この子と比較するとうちのギズモは人間で言えば80歳近いのではと思うほどの老体…
もう羽根も生えて来なくなってしまったけど、暖かくなった今、
そのボロボロの羽で必死に庭を飛び回っている姿や、
呼ぶと毎回返事をちゃんとしてくれる姿を見るとまだまだ元気にいてくれるかな。
well if Gizmo compares to this boy, Gizmo is quite old like nearly 80 years old.
the feathers can’t grow up anymore but it’s worm here in Japan he’s often flown in my garden with the frazzled feathers and when I call him he answers `Hoo Hoooo`. I hope he will stay with me for a long time.

この日はとっても暖かい日でした。
it was a hot day.
IMG_1743
IMG_1714
そして探してた子に再会!
and I was looking for you! long time no see you!
IMG_1721
コンドルの赤ちゃんと言ってももう3ヶ月ぐらいの子がいました。
baby condor maybe around 3 months old?
IMG_1728
美術館でも当たり前にある募金箱。
美術館では「5パウンド(当時レート約750円)入れて」って書いてありました。
こういうのが当たり前の文化、見習いたいです。
IMG_1736
after this, I’m going to write about `owl cafes’ only in Japanese.
そしてJemimaにおめでとうのプレゼントを渡し、少し話すことに。
毎回話す内容はうちの鳥の事と、日本の「フクロウカフェ」について。
Jemimaはその現状をよく知っていてフクロウカフェが大嫌いです。
彼女の言葉そのままでお伝えすると「フクロウカフェはフクロウたちにとって恐ろしい悪夢だわ。」
前回お会いしたのは2年前、その後フクロウカフェはどうなってる?と。
私自身は以前は知り合いのところにパンフレットを置いてもらっていたので
数回行きましたが、数個前のブログに記したコンゴウインコのトレーニングの件以来、不信感が募り
また、初心を忘れ金儲けに走っている様が傍から聞こえてくるので、ここ数年どこにも行っていません。
ですので、当団体の会員様からお聞きしたお話や主治医の下に来られる患者さんの相談事等を話し、
「私もその悲惨な状態のショップは閉店させるべきだと思っているし、
そう思っている専門家は多々いる、けど人々がフクロウを求めてるので、
素人が素人にフクロウを売っている。」と
正直な気持ちを伝えました。
「あなた以外に日本でペットの猛禽を保護してる人はいないの?」とJemima。
「こういうかたちではいないと思う。」
「じゃ今すぐにはかなり厳しいわね。先日ロンドンでフクロウカフェをやろうとした人々がいたわ。でも私が阻止した」

私個人的な意見になりますが、全てのフクロウカフェがダメだと言っているわけではないのです。
大きなフクロウと小さなフクロウを並べて展示して羽繕いしあって「かわいい」。
お腹がいっぱいの時までは。
大きなフクロウが少しでもお腹が減った瞬間、隣のフクロウはいなくなります。
大きなフクロウに捕食されます。
そういった展示方法をしてるカフェでは日常茶飯事でしょう。
フクロウはワシよりも本能がはるかに強いです。
オーストリアではワシは飛ばして良いですがフクロウは法律で禁止されています。
野生下ではハヤブサよりユーラシアワシミミズク(ブボブボ)の方が断然狩りが上手く、
ハヤブサの雛はかなりの数がブボに捕食されてしまう。(南仏で専門家に聞いた話です)
「あんなに価格が高いのにそんなことあるわけない」と思われますか?
海外からのフクロウの仕入れ値はゼロが2つ外れた原価ですよ。
もちろん、きちんとした飼育下でも死亡してしまう個体、
経費等、会社ですから上乗せして当たり前です。
価格については各々の設定ですから、良いと思います。
しかし、鳥は縄張りがありますので、
最低限のスペースを空けて展示し、大型と小型を分ける。
また日光浴が最低条件となります。
ガラス越し(90%以上紫外線をカットします)や地下などでは日光浴が出来ず、
クル病になります。
何故インコは室内飼いが出来るのか?
それはビタミンがきちんと配合されたペレットが既に存在するからです。
猛禽にはそれがありません。
私がウズラやマウスなど単食がいけないと散々言っているのはそれもあります。
ビタミン剤を添加しても、肉食の猛禽がそこから吸収できる量は限られています。
きっと、きちんと知識をもって展示方法も考え販売をしているショップもあるとは思います。
しかし当団体ほど餌肉の種類を多く売っているショップはあるのでしょうか?
同団体の餌肉の種類は決して多すぎはしません。
どこのセンターへ行っても同じ量の種類を常備し
日によって、体調によって餌の種類を変え与えるのが当たり前です。

IMG_1759
猛禽類はとても魅力的です。
魅力的=飼育できるは違います。
活き餌も与えられる、きちんと運動させる
(犬でも散歩するのは当たり前のことです)それが出来る覚悟があって初めて
「専門家」の所に足を運んでください。
同団体の会員様でしたら私がご相談に乗ります。
来年を目途に会員様を対象に私がトレーニングできる動物の教室等も考えております。
(特定動物、闘犬は除く)
それにより皆様とペットとの絆がより一層深まり、健康に長く共に過ごせ
捨てペット、ロスト個体が減る事を切に願っています。
IMG_1756


FalconMews Meuseum/ファルコンミューズ美術館

私が銅版仏画師になった話をしていると
Peterの奥様Susanが自宅にある画を見せて下さいました。
Susan who is Peter’s wife has showed me all the arts of her house as I became an artist.
IMG_1613
IMG_1612
IMG_1614
IMG_1615
IMG_1611
これらはそこそこ大きいぐらい。しかしこれだけではありません。
they are pretty big but,,
IMG_1604IMG_1603IMG_1602
IMG_1608IMG_1610IMG_1605IMG_1607
このアートたちは巨大です、横幅160cm以上はあるのでは?
166cmの私とそう変わらない大きさに息をのむ臨場感。
those arts are quite big!! bigger then me?!IMG_1606
Susanのお気に入りのオーダーメイド、と言ってもほぼ全ての絵画がオーダーメイドです。
Susan loves this art. very powerful and stunning.IMG_1609
もちろん私のお気に入りはこちら。
of course it’s my favourite one!!
I am a Buddhist artist and draw Buddhas on copper plates it’s much more difficult then draw on papers or something but I also like to draw birds of prey so I think my Buddhist arts will sometimes collaborate with birds or animals.
I wish one day, I can draw something like their brilliant arts.
私は仏画師であり、しかも銅版に描くのは紙や他の物に描くよりも遥かに難しいのですが、
やはり猛禽を描くのも好きです。
日本書紀や古事記等、新道は特に鷲、鷹は縁が深く、また仏教も仏様のご眷属は大概が動物。
きっと私の今後の銅版仏画は時折、仏様と猛禽、動物のコラボになることでしょう。
いつの日かこれらの絵画のような今にも動き出しそうな画が銅版に描けるようになるよう努めてまいります。


falconmews

ラル故郷でもあり、私にとってもセカンドファミリーのような方々、
falconmewsへと研修へ行ってきました。
I visited to Falconmews where you know my eagles Lil and Lal were born in and for me they are like second family.
Heathrow空港からノンストップ大体4時間、東京ー名古屋間ちょいぐらいでしょうか。
この道のりも風景が美しいので苦にもなりません。
it take about 4 hours by car from Heathrow Airport but I like that country views never be tired.
IMG_1648IMG_1553
yes! its a breeding season! lots of sweet chicks there!! Falconmews family and the staff looked super busy as they really cared for them.
この時期はブリーディングシーズン真っ盛り。とても忙しいです。
彼らは一羽一羽健康状態をチェックしながら日に3度個体に合わせたフードを調整し与えます。
IMG_1651IMG_1649IMG_1569IMG_1566
feeding time. they made mixed meat for falcons and owls and different mixed meal for eagles, feed them 3 times a day.
IMG_1548
this is Lal’s brother. ラルの弟。
IMG_1547
and this is Lal’s first sister. ラルの初めての妹。

I was worried about her while I was there because she was a very slow eater but after I got home, I’ve looked a photo of her, she is getting mush bigger and looks very healthy makes me feel lots better!! actually when I was there, too much concentrated on feeding fer, then Susan one of the bosses of wife has said `Aya, we’ve finished all` then I realised it..haha.
この子は食が細く、Peterも大変なんだよね、と言っていたのでとても心配でした。ラルの妹という事もあり私が3日間食事を担当。試行錯誤をしながらやっていると奥さんに「あや、もう残りはあやだけよ」と言われてしまう始末…、でも帰国後彼女の写真を見たら元気にものすごく大きくなっていました!凄く嬉しかったぁ!!
IMG_1692
finally I’ve found the way she eats a lot till full by herself! good girl!!
最終日までには強制給餌無しで食べさせる方法を見つけました!
IMG_1586IMG_1598
chicks every where! どこもかしこも雛、雛!!
ほぼ全てがドバイへ飛びます。去年度は300羽!most of the chicks will fly to Dubai, about 300! WOW!! I want to fly there again too 😀
IMG_1554
`sweet butter chicks` “ATTENTION” do not eat them. lol
バターボックス入りの雛。「食品ではございません。」(笑)
IMG_1585
ラルの異母妹。Lal’s half sister.


Richard is looking after all eggs over 400 eggs!! Richardの担当は卵のお世話と言っても400個以上!
IMG_1593IMG_1594IMG_1588IMG_1675
毎日2-3回、現在いる卵(約100弱)の体重を量り、記入し、光を当て、ハッチのタイミングを予想します。
大体夕方以降にハッチし始めます。
he has checked the eggs/ at that time nearly 100 out and writes the weight on the note 2-3 times a day and of course clean the room and the incubators. hmm tough work.IMG_1590
光に当てた時に見えるラインは翼です。2日以内にハッチです。
the line is wings it will hatch within two days I din’t know that!
IMG_1592
孵化を助けてあげる作業。
he helps eggs to easy to hatch.
ハッチの瞬間。ちょっと長いですが、生命の誕生、
しかも今年一番のン千万の最高峰のハヤブサの孵化の瞬間。
是非早送りせずご覧ください。きっと夏にはドバイの王様か王子様の下へ旅立つのでしょう…
hatching time. it’s a pretty long film but please watch it all. amazing movie.the pure Gyr could be the super one of this year he is saying in the film. I see the falcon is going to fly to the Royal family of Dubai,, not my home :'(

IMG_1589FullSizeRender (22)
next, next, and next. it seems never stop hatching then he always helps them I’m sure they really appreciate it. 
一羽無事孵化したと思えば、また数分後にはまた一羽。しかもハイブリットはヘルプ無しでは孵化することが出来ません。
その都度彼が休みなく助けてあげます。その後Peter達が懸命に世話をする。

その様を目の当たりにして、誰が「物のように猛禽を扱えますか?」
日本の一部の鷹匠?は言います「鷹を何羽殺したかが実力の一部だ」と。アガケと言い、
野生のオオタカが合法に捕まえられた時の名残でおっしゃっているのかもしれませんし、
師匠?の受け売りでやってるのかもしれませんが、
自分で全てやってみて、完璧な鳥を作り、10数年共に狩りをしてからもう一度考えてください。
二度と同じ発想にはならないはずです。
何故か日本ではブラゴスというハイブリットが流行っていますが
彼らは手助け無しで孵化できるのでしょうか。
ハヤブサのハイブッドはまず無理なようですが、
私がいる間にブラゴスの孵化には立ち会えなかったので分かりません。
また、水が要らない猛禽はこの世に存在しません!!!
その誤った風習なのか、面倒で与えないのかいい加減止めたらどうです?
最近ではそのお客さんたちも気づき始め、極めて一部の人ですけれども。

うちのメインはイヌワシの保護です。しかし捨てペットの救済も行っている関係で
年々、悲惨な猛禽類の保護や話を耳にする機会が増えてきています。
猛禽は決して飼いやすい「ペット」ではございません。
また日本で流行っているフクロウ、それに関する専門家は
残念ながらショップ店員含め殆ど国内にはいらっしゃいません。
皆様同様「素人」です。
「でもフクロウに魅了されてしまった、どうしたらいいの?」という
皆様の気持ちも十二分に理解できます。
でもどうかお願いです、飼う前に一歩、二歩踏み留まって下さい。
それにつきましてはJemima-ICBP-の記事で詳しく記します。

Peterが合間を縫って新しいVoiereと鳥たちを見せてくれました。
Peter showed me new Voiere (sorry maybe it’s a French word as I don’t know how to spelling that in English..) and the birds again.
IMG_1642IMG_1643
IMG_1629
モニターが増えてました!!しかもなんだかいっぱい!
「ハヤブサ今何羽いるの?」と聞いたら「分からん、いっぱい」と。。でも奇麗に管理されてます。
there are so many monitors definitely more than before!!
I’ve asked ` how many falcons hove you got?` `I don’t know, lots.’ he said. ` oh you can’t count them?! lol’
IMG_1640
his wife is sitting on the nest as they have eggs.
奥さんは巣で卵を温め中。オスを誘き出してくれパシャリ。ありがとうね。IMG_1625IMG_1887
wow! huge new camber!! またはしゃいでます。
IMG_1618
Spanish Golden Eagle mum. yes the chick of the movie’s mum and she is sitting new eggs.
動画のガブガブ子ちゃんのママ。新しい卵を温め中。
IMG_1621
Lal’s mum also has eggs.ラルのママも卵持ってます。でも多分偽物?
この時期は近寄ると本気で殺されるのでこの距離が精いっぱい、というか写真を撮れたのもミラクルです。
A62D3981-2541-4891-ACD3-131F38678FFC
2 years ago.. and 2年前、、そして
IMG_1617
now!! 今!!
this lane became a totally dangerous zone!! but I love it the family obviously know why.
このレーンは極めて危険なゾーンとなりましたが、私が最も好きな場所であります。

pure Gry falcons
IMG_1636
IMG_1634IMG_1633IMG_1632IMG_1630
of course white falcons beautiful yes. but I prefer black falcons? maybe because white are not easy to alive in Japan too hot and too much moisture make them sick and dead quickly..
白ハヤブサはもちろん美しいですが、日本の気候では可哀そうです。
白系はハヤブサも鷹もフクロウも、この暑さ、湿気に適応できる子は殆どいないでしょう。
ウイルスがいない地域に住んでいますから。
アブダビの王族ファームでは白ハヤブサは16度以下の湿度10%切っているような状態で管理されていました。
he is one of the falcons my art teacher has drawn for Dubai art show.
この子はドバイのアートショー用にfalconmewsが送ってくれた写真の子。よく馴れたインプリの子でした。
IMG_1647IMG_0891
IMG_1580
I brought this one I painted for falconmews. Richard puts it on their office. thank you!!
お礼に私がペイントした(時点で価値は暴落するのですが…)ものをプレゼントしたら、
Richardが早速彼らが常にいるオフィスに飾ってくれました、ありがとう!!
ここにいた3日間、本当に良い勉強になり、また楽しい日々をみんなと過ごせました。
I’ve got many experience and had very lovely 3 days with them!
IMG_1695
Susan, Jo,
IMG_1688
Peter, Richard and
IMG_1679
Talisa.
oh yes and Lee!! I forgot to take a photo of us! next time!
I’ve missed you all and the chicks but hope all of them will be happy especially the Goshawks and other birds are going to come to Japan.
I can’t wait to see super gorgeous Talisa xx
IMG_1869


大英博物館/British Museum

友人のOlivierとロンドンで2年ぶりの再会。
I met my good friend Olivier in London like before. he isn’t a falconer but very gentle man.
彼は動物飼育者でも猛禽飼いでもありませんが、動物好きのとてもジェントルマン。
(余談:そしてリッチマン)
next day, we went to British Museum.
翌日にイギリス三大有名博物館の一つ、大英博物館へ。入館料はなんと無料!
FullSizeRender (21)
then I’ve found it!!
その瞬間目に飛び込んできたのは…!!
IMG_1527
Hokusai!! the most famous Japanese artist the 31st of October,1760- the 10th of May,1849.
he probably drew many Buddhist arts. why I wrote that because we don’t our signature on a Buddhist art so
nobody knows who drew it after the artist passed away.
葛飾北斎!!私たちが訪れた日は20日、あと5日後。。
残念ながらイギリスで北斎鑑賞というファンタスティック体験は出来ませんでした。

この博物館は1日では到底全部見る事が出来ない広さです。
とにかく日本ゾーン直行…中に
this Museum is huge!! we can not look around there only in one day!
anyway I have to go to `Japan zone` then,, look!!IMG_1528
`hey Olivier! it’s Lal!! lol`
`did you fly here for looking for me? it must be a long flight, isn’t is?! but you look like a little bit Steller’s Sea Eagle?’ yes I was talking to myself haha.
「ちょっとOlivier!ラルいる!ラル(笑)しかもでっかくなってるし。」なんて下らない事言っている
私は軽くあしらわれ、一生懸命日本ゾーンを探してくれている彼。すみません、はしゃぎすぎました…
そして日本ゾーンに無事到着。
絵画が殆どなかったのが残念でしたが、仏像などが何点か。
I wanted to see many arts but there were only a few. that was shame but some Buddhas there.
IMG_1529IMG_1532IMG_1533
of course I believe all Buddhas especially the last one Fudo Myoo
お不動様がいらっしゃったのは感激でした。
造りは素晴らしいですが、
やはりお寺さんで僧侶の方々がお護摩修行などを行っている場におられる
お不動様が持つお力が私は好きです。IMG_1534
珍しどころで愛染明王も展示してありました。
怖いお顔をしておられますが愛のキューピッドです。
the right side Buddha’s face is scary but actually he is Japanese Cupid!
IMG_1535
いわゆる地獄絵図です。
畜生界に落ちた悪者を動物が食してる画ですね。
武器がなければ人間は動物に敵わない、
だから知恵を与えた、が与えすぎた。それが自然破壊や動物絶滅へと繋がっているのです。
we call it `Hell art’
the people who did bad things when they were alive, God take them `the world` for are ate by animals.
humans can’t win battles with most animals without a weapon so Gods gave us wisdom but it was too many.
we should realise it. there are many endangered species that we must save. that’s why Gods gave it to us.

その後、ナショナルギャラリーまでテクテク歩いて行ってみる事に。
もちろんここも無料。
after that, we’ve decided to go to National Gallery.
but that was a really shame we had only an hour when we arrived there at around 5 pm, it’s closed at 6 pm..
I liked this Museum as it has only arts. next time, I’ll go there when I have enough time.
ここは絵画専門の美術館のようです。圧巻の一言。
私としてはこちらの方が勉強になりましたが、6時閉館んところへ5時に到着。。
小走りで回ったので、是非次回は余裕をもって見に行きたいと思います。
IMG_1536


Eagle Heights Wildlife Foundation

Mark took me to Icarus breeder’s center Eagle Heights.
Markのソウゲンのブリーダーさんでもあるセンターへ連れて行ってもらいました。
ロンドンから80マイルほど西に行ったところ。(だと思います、運転はお任せしたので…)
there were pretty many big birds especially ‘eagles’ because the foundation name is `Eagle Heights`?
たくさんの大型猛禽類がいました。
IMG_1369IMG_1368IMG_1367IMG_1376IMG_1375IMG_1371
they seemed like very tame.
とってもいい子ちゃんに見えましたが「噛むよ!」と一言添え。
outside
外。
IMG_1377IMG_1378IMG_1381IMG_1380
the mum the closer to you and the dad of Icarus.
手前がIcarusのママで奥がパパりんです。
二人ともでかい。

and then show time!

I know they fly quite alot because a zoo in Japan flew one away before the police and the zookeepers were running round to try catch him for a week! fortunately he back to the zoo. but it was the first time to watch to fly a Marabou stork over my head I was so excited!!
以前に千葉動物園から脱走したハゲコウが飛び回り有名になりましたよね。この子たちよく飛びます。死肉食いだから数百kmもなんのそのでしょうね。ラルよりはるかに大きな鳥が頭上を飛ぶ様には圧巻でした。

I don’t know why but I love Caracaras!
カラカラが好きなんです…
actually a male Bald eagle flew but he didn’t really fly at that day? not so good so I don’t put the film it on here as he has got a pride.
ハクトウのオスも飛びましたが12分間もパーチから降りてこなかったので、彼の名誉のために今回は載せるのを控えましょう。
(ショーをやっていると普通にあることですけどね)

after that, I held a bald eagle(maybe female?) and male golden eagle.
その後、私の職種を伝え、2羽のワシを据えさえていただきました。
IMG_1393FullSizeRender (19)IMG_1396
IMG_1401IMG_1398FullSizeRender (20)
well, the goldie though `what’s that?! glove? no?! food?!! I’m so confused!!!..??!`
ヒョウ柄のグローブ、グローブなのか、はたまた餌なのか、彼は完全に戸惑ってしまいました。
そのうろたえ具合に私も困り顔。。
thank you Mark and Alan the boss!!


Lesson1 Steppe Eagle in England/ソウゲンワシのトレーニング方法を伝えてきました。

まず初めに、当団体は今のところ飼い鳥のトレーニング方法を指導する業務は行っておりません。
(以前にとある業者にコンゴウインコのフリーフライトを無償にて教えたことはありましたが、
それで少々嫌な思いをしましたので)
今回はイギリス初日から3日間、ソウゲンワシの飼い主であるMarkの自宅に
お世話になったので、お礼にソウゲンワシの初期トレーニング方法を教えてきました。
1st, please remember that at the moment I do not tell how to train birds in Japan.
that time I stayed at Mark’s house for 3 days and he treated me a lot so I told him why his eagle tended to be a so aggressive boy and the good solution in appreciation of his service.
IMG_1482
MarkのソウゲンIcarusは、卵の時からずっと親に育てられた子、ラルは人の手で育てられた子。
それぞれ善し悪しがありますが、トレーニングにおいてそこは臨機応変に対応すればいい事であり
大きな問題ではありません。
まして彼はまだ1歳、そしてソウゲンワシは「やる気がない」「ずる賢い」という部分さえ除けば
とてもトレーニングが入りやすい種です。
Mark’s eagle Icarus is a parent reared but it’s not the big point you can change how to train them if he is it or an imprint it doesn’t matter and he is still very young a years old plus actually steppe eagles are pretty easy because they can quick to learn everything and not dangerous though they are quite lazy and clever.
IMG_1359
Markは幾度も噛まれ、右手人差し指がまともに動かなくなってしまいました。
私にも何度も噛みつこうとしますが、気にしません。
一度掴まれましたが、気にしません。
流血しながら何事もなかったかのように続けます。
実はこれが今のIcarusには最も大事なのです。
一度もフードを被せられた事がないと言っていたので、
フードトレーニングを30分程度行い、
私がオーストリアで暴れる米俵を落ち着かせるために考え出した、
秘密のテクニックを応用してフードを「ポン」。
then started hood training. he can never put it on his head. Icarus looked really hated it. ok, anyway I stroked him with the hood and fed him from it. about 30 mins later he is wearing it without any noise of curse Mark was super surprised. honestly I’ve got a secret way that I’ve found, it makes eagles really calm down but before do that, I need to hold them for a while even if they bite/grab me. they have to learn “she is stronger then me.”
IMG_1353
「ごめんなさい」ポーズのIcarusとちょいお疲れな私。
3.5kgもあります。オスなのに。数時間暴れてくれちゃうと結構な体力が要ります。
he looks like he is saying “sorry for being naughty”? his weight is about 3.5kg by the way, pretty big for steppe’s males. he was a “naughty boy” on my fist for about 2-3 hours but finally I cut the beak and the talons off then trimmed them for Mark.

まだMark自身ではフードを被せることが出来てませんがゆっくり焦らずに伝えた事を毎日行ってほしいです。
Mark still can’t put the hood on yet but I’m sure he will. just slowly don’t rush and do it everyday.

ハリスのLainer. 実は彼女は女嫌い、撫でさせてはくれたけど最後まで羽は閉じてくれませんでした。。
his Harris hawk Lainer who dose not like women.. I could stroke her but she looked pretty upset while she was sitting on my fist..IMG_1457

his lovely dogs Zeus the right side and Charlie I’m holding
Markの可愛いシェパ。しつけもキチンと入っています。私が抱きついてるのがcharlie、おすまし顔がZeuz。
IMG_1506
thank you Mark!!
IMG_1497


アブダビ王室ハヤブサファーム/Abu Dhabi royal family falcon farm

私がドバイにいる時にAhmedと友人になりました。
しかし私がすぐに帰国すること、
次回はいつ来るかまだ分からない事を伝えると
彼のファームに招待してくれました。
when I was in Dubai, Ahmed and I became friends but I told this trip was very short and was not sure when I will come back here next time then he invited me to his farm where his nearly 26 falcons live in.
yes! I must go!!
彼はとても忙しい人ですので、
待っている間スタッフや彼の息子さんが私の相手をしてくれました。
he is a very busy man. when I was waiting for him some of his staff like him and his son talked with me.
IMG_1221
Ahmedが彼のビジネスパートナーのPeterと共に来られました。
そして人工授精のプロのドイツの方。
今UAEはブリーディングシーズンなのです。
then he came with his business partner Peter and there was a German who can do insemination super quickly! because it’s a breeding season in the UAE.
彼の禽舎、、と言うべきか分からぬ素晴らしき施設へ。
this is one of his falcon centers.
IMG_1185
there were 41 degree outside.. is it really in April?! but inside around 20 and clean. good!!
外は41℃。。死にます…しかし禽舎は20℃前後に保たれとても清潔です。
IMG_1184IMG_1186IMG_1191IMG_1192
この子はAhmedのお気に入りの子。先シーズン一緒にハンティングしたそうです。
the Gyr girl is his favourite bird, he hunted with her last season.
IMG_1187
彼女の旦那さん。
her husband.
IMG_1189
FullSizeRender (18)IMG_1193
おそらくここには3人程ハヤブサを見るために常任しているようです。
maybe there are always about three persons in the center for the falcons.
the other mew that 5 falcons live in, I think.
ここには確か5羽のハヤブサがいました。
IMG_1180
夕方、温度が下がってくると放鳥します。筋トレの為です。
ハヤブサは良い筋肉を付けるのに3週間かかるそうです。
(ちなみにイヌワシは半年以上かかります)
after evening, the falcons fly out to gain muscles.
IMG_1182
「このポール危ないんだよね。」とAhmed.
だから隣にドーム造っちゃいました。
さすがです。
he said ‘these posts are dangerous for my falcons. the dome is better’
IMG_1183
he really cares about the falcons that’s NICE!
when I visit to other country’s birds of prey centers, I always glad to see the enclosures because they are completely different than most Japanese falconer’s style. they just tied their birds up on the perches and don’t fly them often, also don’t build mews for them, I never like it. one of our missions is build lovely enclosures like them for rescued birds.
彼はとてもハヤブサの事を思いやっているのが伝わってきました。
どの国へ行ってもそうですが、一羽一羽、十分なスペースが与えられ、素晴らしく常に奇麗な禽舎。
私たちも見習わなければなりません。私がこういった場所に視察に訪れ、
日本の気候にあった最適な禽舎を
救護した鳥たちの為に建てる。それはレスピェグルの一つの課題です。

その後、彼の農場へ(ここ全てが農場内ではありますが)
he drove around in his huge farm!
IMG_1206
もぎたてのキュウリをパクリ。撮影者はAhmed.
Ahmed gave us fresh cucumbers!!
IMG_1202
たくさんの野菜が植えてあり、忙しなくPeterと話しています。
実はPeterはフードマーケットの社長さん。
幸い私の好きな植物の話でしたし、彼らも仕事中にも関わらず
私にとても気を使ってくださって「へぇー」と思う知恵も教えてもらいました。
(日本で私も野菜をまた育てようかなと)
there are many vegetables in the farm, Peter is a Food marketing director actually.
they looked very busy but were attentive to me, Ahmed explained what the plans were and Peter told me how to pollinate sweet corns! wow! that made me wanted to make vegetables again in my garden!!
IMG_1208
Ahmed asked me to have dinner with them, yes please! I’ve never eaten Arabic meal before!
夕食にもお誘いいただきました。
実は何だかんだでアラブ料理を食べるのは初めてです。
お肉が食せない私にも考慮してくださいました。
IMG_1210
the meal was delicious but I thought all staff had dinner with us. that was a shame I couldn’t eat a lot because I was a little bit surprised.
夕食後は彼の息子さんも来られ、ビジネスの話は終わり談笑。
Ahmedのボディガードが乗馬クラブを持っているようで、「今度いつ来るの?馬乗ろうよ、馬!」と
2~3回言っていました 笑。とても面白い方です。
after dinner, his son jointed us again and one of Ahmed’s bodyguards has got a horse club and asked me that ‘when will you come back here next time? let’s ride horses!’ maybe 2-3 times lol. he was funny!
IMG_1238
私の後ろに光るライトは山の道。
the lights behind of me are a road of the mountain. ‘we will go there next time’ Ahmed said.
we go to the mountain, falcon hawking, ride horses and maybe visit to your brother’s place your son and I are hoping..! anyway we’ll do many things next time! I would love to do these special experiences that I can’t do in Japan. it must absolutely be fun!!
この国はグループによっては女性は行けない、
知らない人にはハヤブサは見せらない、などと聞いていましたが
次回UAEに訪れる際は、日本では出来ない素晴らしい体験をさせていただけるとの事。
楽しみです!
IMG_1224
thank you Ahmed!! I hope to see you soon but in winter!!!

ドバイ空港に一人降り立った時は初めてのアートショーでの通訳、
趣味で始めた銅版仏画、プロとして名乗る事が認められ
レスピェグルへ収益の全てを充てようと決めたものの、正直不安もありました。
しかしこの国で出会った方々は本当に温かくていい人ばかり。
UAEは私にとって最も好きな国の一つとなりました!
I didn’t even think the trip became so attracted!!
the all people I met while I was there were really nice. the UAE is one of my favourite countries ever!!
IMG_1228
thank you very much again Ahmed!!